読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

審美歯科で行う安いセラミック治療のこと

審美歯科で行う安いセラミック治療のことについてです(・ω・)

安い費用でラミネートベニアの治療が受けられる東京の医院は?

 

【審美歯科治療がこんなに安いの!?】詳細はこちら→【格安!!】オールセラミックの差し歯が1本47,000円のJDF

ラミネートベニアを利用して歯を白くしたいと思ってる人もいるかもしれません。

ラミネートベニアは保険治療のできない自由診療ですが、その効果はとても大きく、短い期間で歯を白く綺麗に整えることができます。


自由診療ということは医療費が全額自己負担になりますので、安い医院を探すことは難しくなります。
自由診療の場合、実際には医療費は医院ごとに自由に設定できますが、保険治療と同じレベルで費用が賄えると思ってはいけません。あくまでも自由診療であり、費用は全額自己負担になります。


比較的に安い医院を探すなら、東京や大阪など競争の激しい地域が有効でしょう。あるいは口コミ、比較サイトなどを通じて安い医院を探すことも可能です。


さてラミネートベニアの治療を利用する前には、ラミネートベニアという治療について、またメリット・デメリットについて理解しておく必要があります。


ラミネートベニアとは、歯の表面を薄く削ってセラミック製のシェルを貼り付けて人口歯を形成する治療のことです。そのメリットは多岐にわたりますがデメリットもあるので、その両方をチェックしておく必要があります。


ラミネートベニアのメリットは、歯の神経を取る必要がないこと、色の後戻りがないこと、耐久性があること、金属アレルギーでも大丈夫なことなどがあります。他にも、生まれつき濃い歯でも白くできること、治療期間が短いこと、削る歯の量が少ないこと、治療は基本的に麻酔不要なこともメリットに挙げられます。


デメリットとしては、少量ながら自分の歯を削るリスクがあること、治療費が高額であること、使用中に貼り付けた部分が割れる恐れがあることなどがあります。


ラミネートベニアは耐久性のある素材を使用しますが、医師の形成技術や技工物の作製技術に左右されるところもあります。したがって医院を探すときには、治療費だけでなく医師の技術レベルも確かめておくようにしましょう。


ちなみにラミネートベニアの寿命は平均で10年程度といわれています。