読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

審美歯科で行う安いセラミック治療のこと

審美歯科で行う安いセラミック治療のことについてです(・ω・)

審美歯科では寿命の長いセラミックを使った治療を薦めています

 

【審美歯科治療がこんなに安いの!?】詳細はこちら→【格安!!】オールセラミックの差し歯が1本47,000円のJDF

審美歯科では問題の多い歯科金属に代えて寿命の長いセラミックの利用を患者さんに薦めています。インプラントなども選択肢の一つですが、インプラント治療には欠点もあります。セラミックと歯科金属との大きな違いは溶け出すかどうかです。歯科金属は銀合金やニッケル、バラジウム、金合金など多くの金属の材料が使われています。しかし、金属は長年の日常生活で溶け出すことが分かっており、溶けた金属がさまざまな問題を引き起こすと問題視されています。溶けた金属が起こす問題は大きく分けて2つです。1つは溶けた歯科金属と歯との間に隙間ができてしまうことです。もともとメタルボンドによって歯科金属と歯は密着していますが、溶けて隙間ができてしまうことで虫歯菌が侵入し虫歯を作ってしまうようです。しかも、虫歯が出来る場所は歯科金属で覆われていることもあり、気づくのに時間がかかり、大事になってしまうことが多いようです。溶けた金属が引きおこすもう1つの問題は金属アレルギーを引き起こす可能性があることです。金属アレルギーを自覚している方はどの金属に反応するのか分かっている場合もありますが、歯科治療の度に違う金属を使われることもあり、知らぬ間に反応する歯科金属が使われていることも少なくありません。また、溶けた金属はアレルギー症状を引き起こす可能性の他に、腎臓や肝臓などへの負担を書けることも分かっており、身体にとって負担が大きいとされています。
審美歯科ではこのような問題に対処するために、セラミックなどの金属ではない材料を用意しています。セラミックは寿命も長く、安全安心な材料として歯科治療用としても話題の材料です。しかし、保険が適用しないなど費用の面で利用できない方も多いようです。審美歯科では便利で安心な歯科治療用の新材料を使いやすくするためにデンタルローンを用意しています。セラミックは年々安く使えるように技術革新が続いていますが、審美歯科ではセラミックを含め、歯科治療用の新材料を安く使えるように日々努力しています。インプラントなどの治療も最近では安くなってきているのでいいかもしれません。ですがデメリットもあるのでよく考えて治療を行うようにしましょう。詳しくは以下。


インプラント治療の欠点とは?: 前歯をインプラントにする費用についてのブログ