読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

審美歯科で行う安いセラミック治療のこと

審美歯科で行う安いセラミック治療のことについてです(・ω・)

審美歯科で利用する安いセラミック治療と他歯科医院との違いについて

 

【審美歯科治療がこんなに安いの!?】詳細はこちら→【格安!!】オールセラミックの差し歯が1本47,000円のJDF

審美歯科ではセラミックを使った歯の治療を薦めています。セラミックは多くの利点があります。代表的な利点として溶けづらいということがあります。歯科金属はニッケルやバラジウム、銀合金、金合金などが使われていますが、これらの多くが日常生活でも溶けてしまうことがあることが分かってきています。歯科金属が溶けるとさまざまな問題があります。問題として挙げられるのは、溶けた場所に隙間ができて虫歯になってしまう、溶けた金属が歯茎や口内を汚してしまう、溶けた金属がアレルギー症状を引き起こすことがある、溶けた金属は内臓に対して毒であり、負担をかけてしまうなどです。このような問題があるため、審美歯科では費用の面では問題がありますが、セラミックを利用した歯の治療を薦めています。
歯科治療で使われることが多くなったセラミックですが、元々は美容歯科で使われていた材料でした。美容歯科では歯科金属が溶けて歯茎を汚してしまうことに古くから注目しており、さまざまな新材料を開発してきています。しかし、費用の面で問題があり、一般の歯科では利用されることが少なかった材料の一つです。審美歯科では安いセラミックをさがしてくることで美容歯科とは違い、広く歯科治療で使えるようにするために努力しています。安いセラミックは審美歯科だけではなく、全国の歯科医院で探していますが、審美歯科では独自のルートでどんどん新材料を試しているようです。
新材料を使った歯の治療では、金属アレルギーが心配な患者さんには特に朗報のようです。金属アレルギーは金属の種類によって症状が違う場合が多く、どの金属がだめだというのが患者さんにも分かっていないことが多いアレルギー症状です。その上、歯科医院では歯科金属をさまざま使っていることもあり、治療毎に違う金属を使っていることも少なくありません。審美歯科では、金属アレルギーがある場合には、溶け出さない新材料を使った治療を薦めるようにしています。

都市部の歯科と提携してクオリティの高いオールセラミックの歯が安い費用で手に入るサービスもあり、口コミでの評判もいいようです。