読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

審美歯科で行う安いセラミック治療のこと

審美歯科で行う安いセラミック治療のことについてです(・ω・)

審美歯科では安いセラミックを利用した治療も行っています。

 

【審美歯科治療がこんなに安いの!?】詳細はこちら→【格安!!】オールセラミックの差し歯が1本47,000円のJDF

歯科治療でよく行われている詰め物や差し歯で使われる歯科金属が問題になってきています。歯科金属はニッケル、バラジウム、銀合金、金合金、水銀などを使って作った義歯をメタルボンドなどで接着することで利用されています。歯の詰め物でも有効とされており、これまで長年使われてきています。しかし、日常生活の中で徐々に溶け出すことが分かってきており、溶けた金属が身体に及ぼすアレルギー症状や他のいくつかの症状が発症する人が少なからずいることが分かっています。
審美歯科では問題のある歯科金属の使用を極力やめるようにしており、代わりに歯科治療用の新材料であるセラミックを使うように患者さんに薦めています。新材料は歯科金属に比べていくつかの点で有利だとされています。一つあ溶けないという点です。歯科金属はどの金属を使っても長年の日常生活で溶け出します。溶けた金属は歯茎や口内を汚してしまったり、肝臓や腎臓などの内臓に負担をかけてしまいます。また、デンタルフロスや歯磨きでは届かない溶けた歯科金属と歯との隙間に虫歯菌が進入することで歯と歯科金属の間に虫歯ができてしまうことがあります。歯科金属の下にできるため、虫歯ができた場合には大事に至ってから気づくことが多いようです。審美歯科ではこのような問題がないセラミックを利用した歯の治療を薦めています。審美歯科で治療される方で最近多いのがブライダル前に歯を矯正したり、治療する女性の方がセラミックを利用する場合です。ブライダル前に歯の治療をする方の多くは矯正が目的な方が多いのですが、矯正した際に昔の歯の治療で使った歯科金属が溶けていることに気づく場合も多いようです。溶けた歯科金属は歯茎を汚してしまう事もあるので矯正時にクリーニングも同時に行われるようです。
審美歯科では費用の面で二の足を踏んでいた方向けに安いセラミックを探しており、安い、安全、安心な歯科治療を目指して日々努力を続けています。
インプラントも良く聞く治療法ですが、インプラントの欠点をよく理解した上で治療をうけるべきでしょう。

前歯をインプラントにする費用

implantmaeba.seesaa.net