読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

審美歯科で行う安いセラミック治療のこと

審美歯科で行う安いセラミック治療のことについてです(・ω・)

審美歯科で受けられる前歯のセラミック治療

虫歯など歯の治療を行った時、歯に詰め物や被せ物をしますが、これらを専門用語で補綴物と言います。
歯科医療に使われる補綴物には色々な種類があり、その中でも特に金属製はポピュラーに使用されているようです。
銀歯など金属製の補綴物は、保険が適用されるので費用が安く、また金属製という事もあり耐久性に優れています。

しかし、喋った時や笑った時に、銀歯が見えると恥ずかしいと感じる方も少なくありません。
特に前歯は目立つので、気になる方も多いようです。
また金属製の補綴物は金属が溶けだし、やがて歯茎の黒ずみを起こす場合もあります。

金属製の補綴物による見た目が気になるという場合、審美歯科での治療を行いましょう。
審美歯科では名前の通り、見た目が美しい審美性に優れた治療を数多く行っています。
その中でも特に見た目の自然さで、人気を集めているのがセラミック治療です。

この治療はセラミックという陶器で作られた補綴物を、詰め物や被せ物にする治療法になります。
セラミックは透明度が高く光を通す性質があり、また白さの色調を変える事が出来るので、自分の歯の色と同じような義歯を作る事が出来るのです。

自然な仕上がりになる事から、審美歯科では前歯の治療に使用される事が多いようです。
しかし、この治療は保険適用外となっているので、金属製の補綴物より費用が高額になってしまう為、その点は注意しましょう。

通常、この治療にかかる費用は平均して前歯など、1歯につき、7万円から17万円が相場となっています。
かなり高額なイメージのある治療法ですが、審美歯科で保険が適用されない治療でも、医療費控除の請求を行えば、支払った金額のいくらかが返ってきます。
治療費が高額になるセラミック治療ですが、少しでも金銭的な負担を減らしたい方は、この制度を利用しましょう。

医療費控除は、家族全員の医療費の合計が10万円を超える場合に医療費の還付や、軽減されるようになっています。

 

審美歯科では安いセラミックを利用した治療も行っています。

歯科治療でよく行われている詰め物や差し歯で使われる歯科金属が問題になってきています。歯科金属はニッケル、バラジウム、銀合金、金合金、水銀などを使って作った義歯をメタルボンドなどで接着することで利用されています。歯の詰め物でも有効とされており、これまで長年使われてきています。しかし、日常生活の中で徐々に溶け出すことが分かってきており、溶けた金属が身体に及ぼすアレルギー症状や他のいくつかの症状が発症する人が少なからずいることが分かっています。
審美歯科では問題のある歯科金属の使用を極力やめるようにしており、代わりに歯科治療用の新材料であるセラミックを使うように患者さんに薦めています。新材料は歯科金属に比べていくつかの点で有利だとされています。一つあ溶けないという点です。歯科金属はどの金属を使っても長年の日常生活で溶け出します。溶けた金属は歯茎や口内を汚してしまったり、肝臓や腎臓などの内臓に負担をかけてしまいます。また、デンタルフロスや歯磨きでは届かない溶けた歯科金属と歯との隙間に虫歯菌が進入することで歯と歯科金属の間に虫歯ができてしまうことがあります。歯科金属の下にできるため、虫歯ができた場合には大事に至ってから気づくことが多いようです。審美歯科ではこのような問題がないセラミックを利用した歯の治療を薦めています。審美歯科で治療される方で最近多いのがブライダル前に歯を矯正したり、治療する女性の方がセラミックを利用する場合です。ブライダル前に歯の治療をする方の多くは矯正が目的な方が多いのですが、矯正した際に昔の歯の治療で使った歯科金属が溶けていることに気づく場合も多いようです。溶けた歯科金属は歯茎を汚してしまう事もあるので矯正時にクリーニングも同時に行われるようです。
審美歯科では費用の面で二の足を踏んでいた方向けに安いセラミックを探しており、安い、安全、安心な歯科治療を目指して日々努力を続けています。
インプラントも良く聞く治療法ですが、インプラントの欠点をよく理解した上で治療をうけるべきでしょう。

前歯をインプラントにする費用

implantmaeba.seesaa.net

審美歯科で利用する安いセラミック治療と他歯科医院との違いについて

審美歯科ではセラミックを使った歯の治療を薦めています。セラミックは多くの利点があります。代表的な利点として溶けづらいということがあります。歯科金属はニッケルやバラジウム、銀合金、金合金などが使われていますが、これらの多くが日常生活でも溶けてしまうことがあることが分かってきています。歯科金属が溶けるとさまざまな問題があります。問題として挙げられるのは、溶けた場所に隙間ができて虫歯になってしまう、溶けた金属が歯茎や口内を汚してしまう、溶けた金属がアレルギー症状を引き起こすことがある、溶けた金属は内臓に対して毒であり、負担をかけてしまうなどです。このような問題があるため、審美歯科では費用の面では問題がありますが、セラミックを利用した歯の治療を薦めています。
歯科治療で使われることが多くなったセラミックですが、元々は美容歯科で使われていた材料でした。美容歯科では歯科金属が溶けて歯茎を汚してしまうことに古くから注目しており、さまざまな新材料を開発してきています。しかし、費用の面で問題があり、一般の歯科では利用されることが少なかった材料の一つです。審美歯科では安いセラミックをさがしてくることで美容歯科とは違い、広く歯科治療で使えるようにするために努力しています。安いセラミックは審美歯科だけではなく、全国の歯科医院で探していますが、審美歯科では独自のルートでどんどん新材料を試しているようです。
新材料を使った歯の治療では、金属アレルギーが心配な患者さんには特に朗報のようです。金属アレルギーは金属の種類によって症状が違う場合が多く、どの金属がだめだというのが患者さんにも分かっていないことが多いアレルギー症状です。その上、歯科医院では歯科金属をさまざま使っていることもあり、治療毎に違う金属を使っていることも少なくありません。審美歯科では、金属アレルギーがある場合には、溶け出さない新材料を使った治療を薦めるようにしています。

都市部の歯科と提携してクオリティの高いオールセラミックの歯が安い費用で手に入るサービスもあり、口コミでの評判もいいようです。

審美歯科のセラミックが寿命を過ぎた際の後遺症とは

審美歯科で虫歯の詰め物を白くできることをご存知ですか。審美目的とされ健康保険はききませんが、歯はその人の印象を非常に左右することから、高額な費用を払ってでも審美歯科で白くする人も増えています。
審美歯科ではどうやって白くするのでしょうか。簡単に言うと保険の詰め物や被せ物を外して、場合によっては再治療をし、型取りをして新たにセラミックインレーやクラウンを装着するのです。歯科用の陶器なので丈夫でほとんど変色がなく耐久性は抜群ですし、何といっても見た目の美しさは非常に優れています。それだけではありません。固まるレジン系セメントを使用するので浸水性が低く、菌が入りにくいので虫歯になりにくいというメリットもあるのです。
そんないいこと尽くしのセラミックですが、正しい使用法と適切なメンテナンスで15年から20年もつと言われています。しかし、裏を返せば正しく使用しても20年後には寿命をまっとうすることとなるわけです。すると様々な問題点が発生し、これをセラミック後遺症と呼ぶこともあります。
まずは割れてしまうことです。陶器という性質ゆえ割れやすいのは致し方ないのですが、長年使って寿命で割れてしまうことです。クラウンのみ割れたのなら、また付け替えればいいのですが、歯の根が割れてしまうと、最悪抜歯というケースにもなります。
また、後遺症でよくあるのがクラウンと歯茎の間に隙間ができてしまうことです。加齢によって歯茎が下がることが原因なので、仕方がないのですが、クラウン装着後のメンテナンスを慎重に行うことで、歯茎下がりを多少は防ぐことも可能です。
ただ、審美歯科でのセラミック治療の歴史はそれほど古くありません。もしかしたら後遺症など発生せずに、亡くなるまで装着したセラミックできれいな歯を保てる可能性も否定できないのです。それにセラミックは少なくとも保険内のクラウンよりは寿命が長いです。これから虫歯の治療をするとか保険の治療痕が気になるなら、一度こういった治療法を考えてみる余地はあるでしょう。

審美歯科でセラミックで出っ歯を治療した際にかかる費用とその寿命

出っ歯に悩んでいる人は多いようです。特に日本人は骨格的に歯並びが悪くなりやすい上、鼻呼吸の重要性が教えられないので、普段から口を閉じてない人も多いということから、出っ歯が多いようです。永久歯が生えそろう子供の頃に、歯列矯正をすると比較的楽に治すことが可能なのですが、全ての人ができるわけではありません。歯列矯正は保険外なので非常に高額な治療費がかかりますし、器具を装着するゆえメンテナンスが面倒だったり、痛かったりして途中でやめてしまう人も多いようです。大人になってから歯列矯正も可能ですが、歯の位置を無理やり変えるので痛いですし、費用と期間がかかります。見た目もよくなかったりしてなかなか実行できない人が多いのです。でも諦めるのはまだ早いかもしれません。審美歯科でセラミック治療で治す方法もあるのです。
簡単に言うと、患部を削ってセラミッククラウンを被せる方法です。結構な量を削るので多くの場合神経を抜くことになります。神経を抜くと歯がもろくなるとも言われていますが、ほとんど痛みがなく、数回の通院できれいになるので、こちらの方法を選択する人も増えています。
そうなると気になるのが、審美歯科に払う料金とその寿命ですよね。自由診療のため明確にいくらとは言えませんが、だいたい1本10万円ほどかかるようです。また、寿命は一般的に10年から20年と言われています。ただ、その人のお口の状態やその後のメンテナンス次第でその寿命は大きく変わってきます。つまり、毎日の適切なブラッシングと定期的なプロによるメンテナンスを行うことで、もっと長持ちさせることが可能ですし、逆に言うとせっかく審美歯科でセラミッククラウンを入れてきれいにしても、メンテナンスを怠ればすぐダメになってしまうのです。
コンプレックスであった前歯を高いお金を出して審美歯科で治したなら、寿命最大限利用するために、適切なメンテナンスは欠かせないのです。

見た目をキレイにするのであればインプラントなども有名ですが、その費用が高額になるため慎重に考える必要があります。詳しくは以下のブログをご参考に。

implantmaeba.seesaa.net

審美歯科では寿命の長いセラミックを使った治療を薦めています

審美歯科では問題の多い歯科金属に代えて寿命の長いセラミックの利用を患者さんに薦めています。インプラントなども選択肢の一つですが、インプラント治療には欠点もあります。セラミックと歯科金属との大きな違いは溶け出すかどうかです。歯科金属は銀合金やニッケル、バラジウム、金合金など多くの金属の材料が使われています。しかし、金属は長年の日常生活で溶け出すことが分かっており、溶けた金属がさまざまな問題を引き起こすと問題視されています。溶けた金属が起こす問題は大きく分けて2つです。1つは溶けた歯科金属と歯との間に隙間ができてしまうことです。もともとメタルボンドによって歯科金属と歯は密着していますが、溶けて隙間ができてしまうことで虫歯菌が侵入し虫歯を作ってしまうようです。しかも、虫歯が出来る場所は歯科金属で覆われていることもあり、気づくのに時間がかかり、大事になってしまうことが多いようです。溶けた金属が引きおこすもう1つの問題は金属アレルギーを引き起こす可能性があることです。金属アレルギーを自覚している方はどの金属に反応するのか分かっている場合もありますが、歯科治療の度に違う金属を使われることもあり、知らぬ間に反応する歯科金属が使われていることも少なくありません。また、溶けた金属はアレルギー症状を引き起こす可能性の他に、腎臓や肝臓などへの負担を書けることも分かっており、身体にとって負担が大きいとされています。
審美歯科ではこのような問題に対処するために、セラミックなどの金属ではない材料を用意しています。セラミックは寿命も長く、安全安心な材料として歯科治療用としても話題の材料です。しかし、保険が適用しないなど費用の面で利用できない方も多いようです。審美歯科では便利で安心な歯科治療用の新材料を使いやすくするためにデンタルローンを用意しています。セラミックは年々安く使えるように技術革新が続いていますが、審美歯科ではセラミックを含め、歯科治療用の新材料を安く使えるように日々努力しています。インプラントなどの治療も最近では安くなってきているのでいいかもしれません。ですがデメリットもあるのでよく考えて治療を行うようにしましょう。詳しくは以下。


インプラント治療の欠点とは?: 前歯をインプラントにする費用についてのブログ

気になる審美歯科:セラミックはローン期間で寿命が尽きない?

審美歯科で銀歯もきれいにできる時代となりました。虫歯にしたのは自分が悪いのですが、とは言っても保険での治療後のギラギラとした銀歯は不健康で嫌ですよね。気にならないという人も中にはいるようですが、多くの人ができればきれいにしたいと考えているようです。審美歯科では、セラミッククラウンやインレーなどを使った治療でそんな要望に応えているのです。
元の歯の虫歯などが進んでいなければ銀歯を外してセラミックに付け替えるだけでいいのです。ただ、審美歯科とも言うように審美目的とされ、健康保険がききません。人気の全て陶器のオールセラミックやメタルボンドの内側の金属の部分がジルコニアジルコニアセラミックなどは、1本10万円と高額な治療費がかかってしまいます。保険と比べると非常に高額ですが、美しい歯はその人の印象をグッとアップさせるのでこの治療法を選択する人も増えています。
高額なので諦めるしかないかという人に耳よりな情報があります。それはデンタルローンです。審美歯科などでの高額な治療費の支払いに使えるローンです。審査に通れば毎月無理のない額で返済できるので安心して白い歯を手に入れることができるのです。
ここで気になるのがセラミックの寿命ですよね。返済中に寿命が来てしまっては残念な結果となりますよね。実はデンタルローンは最大84回、つまり7年ということになります。7年よりもつのでしょうか。
使い方次第になりますが、適切な使用、適切なメンテナンスで15年から20年もつと言われています。つまり、返済中にお陀仏ということは基本的にありません。ただ、お口の状態が悪かったり、メンテナンスが適切に行われていなかったりなど悪条件がそろうと、もっと早くダメになってしまいます。
せっかく高いお金を出して手に入れたセラミックの美しい歯。長持ちさせるには毎日の適切なブラッシングと定期的なプロによるメンテナンスがポイントなのです。