読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

審美歯科で行う安いセラミック治療のこと

審美歯科で行う安いセラミック治療のことについてです(・ω・)

審美歯科でできる連結しているセラミックの寿命はいかほど?

審美歯科はその名のごとく審美性を重視した治療を行う歯科です。従来の一般の歯科は虫歯など患部の治療が中心で、残念ながらその仕上がりは決して美しいとは言えませんでした。前歯など見える部分は表がプラスチックで裏が金属という、とりあえずは白くできました。しかし、プラスチックという性質ゆえ磨けば磨くほど傷が付き変色するなど耐久性が悪く、しかも金属が溶け出して歯茎が変色する恐れもあるなどのリスクがありました。そこで登場したのが審美歯科のセラミック治療です。歯科用の陶器のクラウンやインレーを被せることで、これまでの保険内治療では実現しなかった審美性も手に入れることができるのです。セラミックは本物の歯に勝るとも劣らない美しさを誇るのはもちろん、陶器ゆえ耐久性が強いこと、そして使用するレジン系セメントが固まるため、菌が入りにくく虫歯になりにくいというメリットもあるのです。このように審美性のみならず機能性にも優れていますが、審美目的とされ健康保険が適応されません。そのため高額な治療費となるのです。
セラミックというと1本の歯に被せるクラウンというイメージがありますが、ブリッジなどで装着するものとして連結も場合によっては可能です。保険内のブリッジでは奥歯など見えない部分は基本的に全て金属となって、見た目が良くありませんでした。それが審美歯科で白くできるなら嬉しいですよね。
審美歯科で連結のセラミックを作製する場合には、メタルボンドかジルコニアが一般的です。オールセラミックも強度が高くはなりましたが、きしみなどの問題もあるので奥歯など力がかかる部分では割れる危険性があるためです。
それではメタルボンドやジルコニアの連結の寿命はいかほどなのでしょうか。一般的に1本単位でのクラウンに比べて寿命が短いと言われています。1本の欠損を両端の歯で補うわけですから、両端の歯により多くの負担がかかってしまうためです。しかし、適切な使用とメンテナンスで15年とか20年はもつのではないかとも言われています。
高いお金を払って付けたセラミックを長持ちさせるには、日頃の努力と定期的な歯科検診が必要なのです。
他にもインプラントが現在の歯科治療では知られていますが、デメリットも大きいです。

implantmaeba.seesaa.net

審美歯科のセラミックをセレックでするのにかかる料金とは

審美歯科で保険の詰め物や被せ物を白くきれいな歯にすることが可能です。使用するのは歯科用のセラミックです。陶器は丈夫で変色もほとんどなく耐久性が強いですし、何といっても審美性に優れています。それに使用するのがレジン系セメントといって固まるので菌が入りにくく虫歯になりにくいというメリットもあるのです。しかし、審美歯科とも言うように審美目的とされ保険外での治療となります。その高額な治療費がネックとなって、白くしたいのにできないという人も多いのです。
そんなセラミックですが、従来は保険の被せ物と同じように、型取りをして歯科技工所に依頼をして作成してもらうのが常でした。しかし、この方法では歯科技工所への費用がかかること、発注、作製と手間がかかること、歯科技工士の技術によって出来上がりに差が出ることなど様々な問題点がありました。そんな中注目を集めているのがセレックです。
セレックとはCEREC、CEramic REConstruction、日本語に訳すとセラミック修復という意味です。医療先進国ドイツから導入されたシステムで、コンピューター制御によって歯の修復物を作製するCAD/CAMシステムです。3D光学カメラを使って患部をスキャンすると、コンピューターが3D画面上で修復物が作成され、ミリタリングマシンがデータをもとに作製します。歯科技工所の依頼する必要がないので、すぐに修復物が完成し、場合によっては即日白くすることも可能なのです。
実は行っている審美歯科もまだそれほど多くはありません。高そうなコンピューターが必要ということで、料金もかなりしそうですよね。実はそうでもないようなのです。
自由診療なので審美歯科ごとに料金設定は異なります。初期投資はかかりますが、歯科技工所への人件費が不要、しかも一致度の高い修復物ができることから、場合によっては型取りよりも安い値段での施術が可能なのです。オールセラミックを型取りで行うと8から15万円ですが、セレックではその半額程度で可能な歯科医院もあるほどです。

セレックを使った審美歯科治療を格安料金でセラミックに

虫歯治療などで歯科に行った際、どのような治療方法をご希望ですか?と聞かれた事があると思います。セラミックで治療を行った場合、箇所にもよりますが、治療費以外に数万円かかるのが普通です。それだったら保険適用の銀歯で、と諦めるのが一般的だと思います。
しかし銀歯だと、笑った時に銀色に光り、場所によっては口を開けて笑うのが恥ずかしい事もあります。前歯治療だと尚更ですよね。また、金属アレルギーの方は銀歯治療はできません。治療期間も最短で平均1〜2週間はかかります。寿命も短く、15年残存率はなんと68%です。セラミックで治療した場合、そのような心配をする必要がありません。金属を使わないのでもちろん、金属アレルギーの方も利用できますし、錆びないので虫歯になりにくいのです。またご自分の歯に近い色にする事が可能なので笑った時に目立つ、と言った事もありません。15年残存率は93%ととても高いのです。
良い事ばかりなので高額なんだなと納得なのですが、審美歯科ではセレックという未来型機械を使う事によって、このセラミック治療が格安の料金で受ける事ができるのをご存知でしょうか。
審美歯科とは、健康的な歯にする事を前提に、一歩進んで美しく健康な歯を作る事を目的とした歯科の事です。見た目だけにとどまらず、正常な噛み合わせを作る事や笑顔に自信がないという方の悩みを解消する事も審美歯科の重要な役割の一つなのです。
元々セラミック治療が高いというのに、どうしてセレックを使ったセラミック治療が格安で受けられるのでしょうか。従来の治療の場合、歯科技工所に依頼する必要がなく、全ての行程を一つの審美歯科内で終了する事ができるのです。治療時間も約1時間ととても短くて済むのです。
今まではセラミックは高くて無理だと諦めて来たかた、既に銀歯をつめている場合でも間に合います。料金もリーズナブルで、短時間の治療時間で完結し、安全性にも優れている、まさに未来型の治療方法なのです。

安い費用でラミネートベニアの治療が受けられる東京の医院は?

ラミネートベニアを利用して歯を白くしたいと思ってる人もいるかもしれません。

ラミネートベニアは保険治療のできない自由診療ですが、その効果はとても大きく、短い期間で歯を白く綺麗に整えることができます。


自由診療ということは医療費が全額自己負担になりますので、安い医院を探すことは難しくなります。
自由診療の場合、実際には医療費は医院ごとに自由に設定できますが、保険治療と同じレベルで費用が賄えると思ってはいけません。あくまでも自由診療であり、費用は全額自己負担になります。


比較的に安い医院を探すなら、東京や大阪など競争の激しい地域が有効でしょう。あるいは口コミ、比較サイトなどを通じて安い医院を探すことも可能です。


さてラミネートベニアの治療を利用する前には、ラミネートベニアという治療について、またメリット・デメリットについて理解しておく必要があります。


ラミネートベニアとは、歯の表面を薄く削ってセラミック製のシェルを貼り付けて人口歯を形成する治療のことです。そのメリットは多岐にわたりますがデメリットもあるので、その両方をチェックしておく必要があります。


ラミネートベニアのメリットは、歯の神経を取る必要がないこと、色の後戻りがないこと、耐久性があること、金属アレルギーでも大丈夫なことなどがあります。他にも、生まれつき濃い歯でも白くできること、治療期間が短いこと、削る歯の量が少ないこと、治療は基本的に麻酔不要なこともメリットに挙げられます。


デメリットとしては、少量ながら自分の歯を削るリスクがあること、治療費が高額であること、使用中に貼り付けた部分が割れる恐れがあることなどがあります。


ラミネートベニアは耐久性のある素材を使用しますが、医師の形成技術や技工物の作製技術に左右されるところもあります。したがって医院を探すときには、治療費だけでなく医師の技術レベルも確かめておくようにしましょう。


ちなみにラミネートベニアの寿命は平均で10年程度といわれています。